黙々と箸を動かし

20 の用例 (0.00 秒)
  • それは他の家族のメンバーも同じ思いらしく、全員が黙々とはしを動かすのみであった。 森瑤子『カサノバのためいき 世にも短い物語』より引用
  • そして、何事もなかったように黙々と箸を動かしはじめた。 五木寛之『風に吹かれて』より引用
  • 薄暗い部屋の中で俯き、黙々と箸を動かす母を見ていると、気が滅入った。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • どちらも一言も口をきかず、ただ黙々と箸を動かした。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 文譲は、医師らしくあまり感情のこもらない声で言い、それきり黙々と箸を動かした。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • どちらもしばらくの間、黙々と箸を動かしていた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 番外編』より引用
  • 鉄男の話に相槌あいづちは打つが、あとはただ黙々と箸を動かしている。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • 天誅がずばりと申し渡しても、春留は一切口をきかずに黙って黙々とはしを動かしていた。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • 湯呑み茶碗を握ったまま動かない者や、店の隅に置かれた液晶テレビをじっと見つめる者、そして黙々とはしを動かして食事をする者など。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 本来は宴会場であるらしい大きな部屋で、それぞれのぜんを見つめて、ただひたすら黙々とはしを動かしている。 西野かつみ『かのこん 第03巻 ~ゆきやまかぞくけいかく~』より引用
  • そう言ったあと、逸平はしばらく黙々とはしを動かした。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 鍋や焼肉などのときは、仕方なく同じ食卓につかなければならなかったが、そんなときはうつむきながら黙々と箸を動かした。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • うまくてもうまいと言えず、黙々と箸を動かし、気づまりな時間を早く終わらせようとするだけだった。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 桐乃の感想も気にしているようだったが、残念ながら桐乃は黙々とはしを動かしているだけで、料理の感想については一言ひとこともない。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第04巻』より引用
  • 暴力をふるったあとは、いつもの無表情に戻り、黙々と箸を動かす。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • まだ岩井は黙々と箸を動かしていた。 奥田英朗『最悪』より引用
  • おれは黙々と箸を動かす桑山へ眼をやった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター09 エイリアン京洛異妖篇』より引用
  • 風間さんも黙々と箸を動かしている。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 黙々と箸を動かしはじめた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 02 5121小隊の日常』より引用
  • 岩井は黙々と箸を動かしている。 奥田英朗『最悪』より引用