黙々と歩い

115 の用例 (0.00 秒)
  • その間も兵士たちの汗臭い集団は、そのほうをチラリとも見ようとはせず、黙々と歩いていた。 武田泰淳『快楽』より引用
  • 一人で十本も買った人もいて、ヨロヨロと肩にかつぎ、バスへの道のりをみんな黙々と歩く。 東海林さだお『ショージ君のにっぽん拝見』より引用
  • 黙々と歩いていた岡溝が立ち止まり、金網越しに練習風景を眺めた。 内田康夫『遺骨』より引用
  • 双子の兄妹を先頭にして、五人の男女はなんとなく視線をふせがちにして、黙々と歩いていく。 山田正紀『宝石泥棒』より引用
  • ありとあらゆる夜遊びの店が立ち並ぶ通りを、ルフィは黙々もくもくと歩いていた。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • 日本橋川に沿って歩きながら話す宗太郎の声にしみじみと溢れてくるものを感じて、東吾は夏空の下を黙々と歩いた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 25 宝船まつり』より引用
  • 彼は大地の起伏を視線と足裏の感触で拾いながら、黙々と歩いた。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 腕組みをして、黙々と歩く町奉行の暗灰色の顔を見て、石出帯刀は恐怖した。 山田風太郎『姦の忍法帖』より引用
  • 赤い大地を、二人と一頭は黙々と歩いていた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 4 面影は幻の彼方』より引用
  • 養父は二人の娘を両腕にさげて黙々と歩いた。 内田春菊『ファザーファッカー』より引用
  • ミカの脳裏を、深夜の比叡山を一人黙々と歩いている息子の孤独な姿がよぎった。 長尾三郎『生き仏になった落ちこぼれ』より引用
  • バナージはハロを抱え、オードリーを先に行かせて黙々と歩いた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 01 ユニコーンの日(上)』より引用
  • 五人は声もなく黙々と歩く。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • すべてが静止した世界で、黙々と歩くその体が唯一の動くものになり、地面を踏みしめる足がたったひとつの音を響かせた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 三人は黙々と歩いていた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 8 やさしさは風の調べ』より引用
  • 玄徳も黙々と歩いていた。 吉川英治『三国志』より引用
  • 会話に加わることもなく黙々もくもくと歩いているフェリは楽しげに話しているナルキたちのを、じっと見つめていた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス01』より引用
  • そんな我輩の胸中を知ってか知らずか、元々主は雄弁ゆうべんなほうではないこともあって、そのあとは黙々もくもくと歩く道中となった。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 言い置いて黙々と歩くと、背後から笑い声がした。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 01 紅か白か』より引用
  • 英治は、二人の前を黙々と歩くタローに目をやった。 宗田理『ぼくらの七日間戦争』より引用
  • 次へ »

黙々と歩い の使われ方