黙々と歩いてゆく

4 の用例 (0.00 秒)
  • 西市の雑踏の中を、空海は黙々と歩いてゆく。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』より引用
  • ぶつかる寸前、道の脇へ跳んだその前を、大地を揺らしながら黙々と歩いてゆくのは、おびただしい数の、襤褸をまとった男女であった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10b D-双影の騎士2』より引用
  • 黙々と歩いてゆく。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』より引用
  • 手甲てつこう脚絆きやはん草鞋わらじでさんや袋をさげ、数珠と鈴を持って、金剛杖こんごうづえをついて、黙々と歩いてゆく。 向田邦子『家族熱』より引用