黙々と歩いている

22 の用例 (0.00 秒)
  • いけにえが運ばれ、暗い荒野を人々がその儀式の場へ向って黙々と歩いていた。 半村良『邪神世界』より引用
  • かえって覚えぬうちに、バス停二つほどの道のりを、黙々と歩いていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 天吾はその少女が広い道路から離れたところを、一人で黙々と歩いている光景を想像した。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • その後ろ姿の人間は、重い足をひきずりながら、ただ黙々と歩いている。 夢枕獏『神々の山嶺 上』より引用
  • 村田は、風に吹飛されそうな帽子を気にしながら、黙々と歩いていた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 私たちはそれからは、肩を並べて、ただ黙々と歩いていた。 山田正紀『ふしぎの国の犯罪者たち』より引用
  • 暗いので、顔の表情はわからないが、全員が、黙々と歩いている。 西村京太郎『失踪計画』より引用
  • 源三郎が黙々と歩いている東吾へいった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 24 春の高瀬舟』より引用
  • 生き物の影すら見えない大地を、人々は白い息を吐きながら黙々と歩いていた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 8 やさしさは風の調べ』より引用
  • みんな黙々と歩いていて、子供は家の中に引っ込んでいる。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • 黄色く濁った目で宙をにらみながら、怒ったように顔を歪めて黙々と歩いていた。 馳星周『不夜城』より引用
  • しばらく黙々もくもくと歩いていると、先輩が前を向いたまま、一番後ろでカメラを構えているオーラに向けて言った。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • イルダーナフの後を黙々と歩いていると、霧の中からかすかな音色が聴こえてきた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 1 旅立ちは突然に』より引用
  • 早朝に歩き出してからいままで黙々と歩いていた姉が、これも停止して、怒りに燃えた眼で弟をにらんだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター16 D-血闘譜』より引用
  • 私たちはそれぞれのものおもいに浸りながら、黙々と歩いていた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 警部は別に意見ものべずに、カンテラ片手に黙々と歩いている。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • 石津は地面に日を落として黙々と歩いていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • その間も兵士たちの汗臭い集団は、そのほうをチラリとも見ようとはせず、黙々と歩いていた。 武田泰淳『快楽』より引用
  • 黙々と歩いていた岡溝が立ち止まり、金網越しに練習風景を眺めた。 内田康夫『遺骨』より引用
  • ありとあらゆる夜遊びの店が立ち並ぶ通りを、ルフィは黙々もくもくと歩いていた。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • 次へ »