黙々と料理を口

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は黙々と料理を口に運んでいる。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 彼らは倦怠期を迎えた夫婦のように、黙々と料理を口に運びながら、それぞれに別のことを考えていた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 剣士は気まずい空気に居心地いごこちの悪い思いをしながらも、黙々もくもくと料理を口に運ぶ。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用
  • テレビもけず、ただ黙々と料理を口に運ぶだけの夕餉ゆうげを済ませた。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 院長は黙々もくもくと料理を口に運び、ナプキンで口をぬぐった。 早見裕司『メイド刑事01』より引用