黙々と作業を続ける

20 の用例 (0.00 秒)
  • 三人はときおり疲れたため息をらしながらも、黙々と作業を続けていた。 志瑞祐『やってきたよ、ドルイドさん!』より引用
  • 虔吉もまた、そんな話にはまるで関心が無いといった顔で黙々と作業を続ける。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • 不思議なのは、みな黙々と作業を続けながらも、どこか疲れた態度でいることだ。 吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』より引用
  • 事情が呑み込めない義男は、一人機械の前に座り、黙々と作業を続ける。
  • 噴き出してきそうになる様々な思いを押し殺し、富治は黙々と作業を続けた。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • 俺は、コンピュータに向かって黙々と作業を続けるミーマに訊いた。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 2』より引用
  • 彦右衛門が何かいうかと思ったが、そ知らぬ顔でこちらも黙々と作業を続けている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』より引用
  • さすがに、大道寺忠利が選んだ者たちだけあって、全員が黙々と作業を続けていた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • アシスタントの若者たちは、こんなことには慣れているようで、目を伏せたまま黙々と作業を続ける。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • 黙々もくもく作業さぎょうを続け、皮をりおえたころには、あたりが夕焼けにまっていた。 上橋菜穂子『獣の奏者 Ⅱ 王獣編』より引用
  • 聞くものがいれば、眼を丸くしかねない奇現象だが、Dは黙々と作業を続けている。 菊地秀行『吸血鬼ハンター03 D-妖殺行』より引用
  • ベースではリンさんが黙々と作業を続けていた。 小野不由美『悪霊シリーズ 5 悪霊になりたくない!』より引用
  • 服を身に着けているあいだ、お互いに照れ臭いものを感じていたせいか、僕たちは黙々と作業を続けた。 金城一紀『GO』より引用
  • 黙々と作業を続けるリウイを横目で見ながら、ミレルがしみじみと言った。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • 白い光の中で黙々と作業を続ける彼らは、鎮魂の儀式を執り行う古代の僧侶たちのようだった。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 店主は私に会釈をしただけで、黙々と作業を続けている。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 川谷信次郎はタッピング工作機に向かって黙々と作業を続けている。 奥田英朗『最悪』より引用
  • いったん仕事を始めると、清談に走ることもなく黙々と作業を続ける編集者の人々は、少なくとも登美彦氏よりは立派であった。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • 信次郎は機械に向かって黙々と作業を続ける。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 幸三は意に介せず、黙々と作業を続けた。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用