黙々と作業

85 の用例 (0.00 秒)
  • 視界の悪い中を建設ロボットだけが黙々と作業する様は工場に似ていた。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 三人はときおり疲れたため息をらしながらも、黙々と作業を続けていた。 志瑞祐『やってきたよ、ドルイドさん!』より引用
  • 温室の中では似たような格好の人々が、話をする様子もなく黙々もくもくと作業をしている。 野梨原花南『マルタ・サギーは探偵ですか?「ドクトル・バーチに愛の手を」』より引用
  • 互いにひと言も発することなく、昆虫のように黙々と作業を進めている。 古橋秀之『ブラックロッド』より引用
  • 虔吉もまた、そんな話にはまるで関心が無いといった顔で黙々と作業を続ける。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • 不思議なのは、みな黙々と作業を続けながらも、どこか疲れた態度でいることだ。 吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』より引用
  • 事情が呑み込めない義男は、一人機械の前に座り、黙々と作業を続ける。
  • 噴き出してきそうになる様々な思いを押し殺し、富治は黙々と作業を続けた。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • ドルロイの技術者とドックのメカニックが黙々と作業にいそしんでいた。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ03 ダーティペアの大乱戦』より引用
  • おじさんは今日も、鼻唄ひとつ歌うでもなく、黙々と作業をするようだ。 岸本葉子『マンション買って部屋づくり』より引用
  • 宗介のほかにも、数人の生徒たちが、黙々と作業に没頭ぼっとうしている。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集06 あてにならない六法全書?』より引用
  • 俺は、コンピュータに向かって黙々と作業を続けるミーマに訊いた。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 2』より引用
  • 他の人達も、ほとんど口を開くことなく、疲れ切った様子で黙々と作業していた。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • その時、隣で黙々と作業をしていた瞳子とうこさんが椅子いすを立った。 今野緒雪『マリア様がみてる 35 私の巣』より引用
  • 黙々と作業をつづける二人目にそっと女が近づき、最初の男と同じ運命を与えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • そして、黙々と作業をしている場面については、残念ながら何も書くことはないのだった。 森見登美彦『美女と竹林』より引用
  • 彦右衛門が何かいうかと思ったが、そ知らぬ顔でこちらも黙々と作業を続けている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』より引用
  • 黙々と作業する一年生は、先生からの指示があったわけでもないのに、皆、無言だった。 今野緒雪『マリア様がみてる 08 いとしき歳月(後編)』より引用
  • どう考えても陣地構築には適さない場所だったが、兵たちは黙々と作業をつづけていた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • それは男、しかも例外なく一人で、黙々と作業をしている。 吉村昭『東京の戦争』より引用
  • 次へ »