黙々とこなし

24 の用例 (0.00 秒)
  • 花形ではない、地味で危険な任務を黙々とこなしていたということだ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 15 山口防衛戦4』より引用
  • 介助者たちが、それぞれの役割を一言も発することなく黙々とこなしていく。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 無意味にあわてふためくぼくの目の前で、機械は与えられた命令を黙々もくもくとこなしていく。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 橋の先を見ると、一緒に駆け出したみなが14回目の最終の祈念を黙々とこなしていた。
  • 彼はただ人並みの幸せを手に入れようと、与えられた義務を黙々とこなしてきただけだった。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 浜江さんは僕らの作業を時々横目で見ながら、 自分の作業を黙々とこなしている。 暁works『るいは智を呼ぶ④ 白鞘伊代』より引用
  • 広い中学校の窓々を、そんなふうに、部長さんと二人で朝から黙々とこなし続けていた。 辻内智貴『青空のルーレット』より引用
  • 仕事に喜びを見出せるわけではないが、生来几帳面なところから与えられた仕事は黙々とこなし、その面では評価さえされているのである。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • ゆいかもさすがにこの時期になるとあくたがわ翼の性格がわかっているので、遠く離れたフロアの隅でストレッチを黙々とこなしていた。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 授業が始まっているわけでもないのに、全員がシャーペンを片手に、教科書の予習や問題集を黙々とこなしているのだ。 山田悠介『パズル』より引用
  • 畏怖いふを込められてささやかれるそのうわさを蒼儀も耳にしていたようだが、表情一つ変えず事務的な手続きを黙々とこなしていた。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • ただ言いつけられた仕事を黙々とこなしただけだ。 帚木蓬生『受精』より引用
  • あの熊は別に気にしないだろうが、職務を黙々とこなしている彼の誇りを傷つけるのような気がして、蒼儀は少し遠慮することにした。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • 今回の試合は大阪の〈なみはやドーム〉で行われるため、彼らは五日前から大阪入りをしていたのだが、練習に次ぐ練習で観光どころかお好み焼きを食べる暇さえなく、過密スケジュールを黙々とこなしていく三人の表情からは日に日に余裕が失われていった。 森絵都『DIVE!! 下 (RubyMate変換)』より引用
  • リップシュタット戦役までは主に敵の後方撹乱・敵の増援部隊阻止・陽動作戦・上陸支援といった地味ながら重要な任務を黙々とこなし、一度も失敗が無かった。
  • 客の相手をして表に出るよりも、掃除だの洗い物だの買い出しだの、裏方の仕事を好んで黙々とこなした。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 各種装置との連動試験、無人標的を使用した攻撃訓練を黙々とこなしながらも、一度しこった不安は簡単には消えず、パウラは日々胃が重くなるのを感じ続けた。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • 派遣中の依願退職ということで、手続きが煩雑そうだったが、海藤によれば、梵ちゃんはその雑事を黙々とこなしていたという話だった。 乾くるみ『イニシエーション・ラブ』より引用
  • しかし装備戦闘機は相変わらず航続距離の短い96艦戦であり、同じ漢口に居た零式艦上戦闘機装備した12空の活躍を横目に、上空哨戒などの任務を黙々とこなした。
  • 部品にネジ穴を開ける作業を一人で黙々とこなした。 奥田英朗『最悪』より引用
  • 次へ »

黙々とこなし の使われ方