黒木優子

13 の用例 (0.00 秒)
  • 高校の1年先輩に2010年に黒木優子戦でプロデビューしたリンクス中原がいる。
  • 当時、福岡ジュニア選手権で競った同学年のライバルに現プロボクサーの黒木優子がいた。
  • プロキックボクサーとしてデビューするまでは、JBCの興行にて黒木優子らを相手にエキシビション戦を5度経験した。
  • 日本のジムに所属する選手では亀田和毅、黒木優子に続いて3人目、国内で王座を奪取した男子としては初のWBC世界ユース王者となった。
  • また第9回大会には、タレントの間寛平や人吉ゆかりの女子プロボクサーの黒木優子がゲストランナーとして参加した。
  • WBC王座は安藤麻里が獲得し2階級制覇も、2014年に黒木優子が奪取した。
  • 当初指名挑戦権を得ていた黒木優子は所属ジムを失い試合出場がままならず、WBC5位のジョディ・エスキベルと交渉したが折り合わず、ABCO女子王者・WBC8位で2011年に富樫直美のWBCライトフライ級王座に挑戦しているジュジース・ナガワとの指名試合と発表されている。
  • 黒木 優子は、日本のプロボクサーである。
  • 関ジムから移籍したWBC女子ユース王者黒木優子を所属選手として迎え入れ、2014年に自らトレーナーも兼任し世界王座まで導いた。
  • JBCの女子公認時、日本の選手はランキングから一人残らず外れたが、多田がタイトルマッチに出場した辺りから再びランクに名を連ねる選手が現れるようになり、2012年3月のランキングでは、藤岡奈穂子がミニフライ級1位となり、他にミニマム級に黒木優子、神田桃子がランカーに入っていた。
  • なお、JBCでは同年よりユース王座が解禁されており、この試合と前座の黒木優子 vs ノンキャット・ロングレーンギーラコンケーンのWBCユース女子アトム級王座決定戦が解禁後初のタイトルマッチとなった。
  • まず、セミ前としてWBC女子世界アトム級ユース王座決定戦、黒木優子 vs ノンキャット・ロンリエンキラコラート戦が組まれ、4回TKO勝利した黒木が日本初の女子世界ユース王座を獲得、続いてメインで亀田和毅もユース王座の防衛に成功した。
  • また、TBS系「炎の体育会TV」にもアトム級ユース王者黒木優子とともに出演し、ファリアスは麒麟の田村裕をKOにした。