黒く染める

25 の用例 (0.00 秒)
  • 未熟な葉や果実は、伝統的に布を黒く染める染料として使用されている。
  • それからおれは三軒目の店で髪の毛を黒く染めるものと、赤いドレスを買った。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 天使と女神にとって髪は命の源で、髪を黒く染めると能力を失い、人間になる。
  • 髪と頬ヒゲを黒く染めるのに使ったポマードが、私を別人に仕立て上げた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 普段のゆりは髪を黒く染めるか、黒い鬘をかぶっていたのではないかと、遠子先輩は語った。 野村美月『文学少女シリーズ06 “文学少女”と月花を孕く水妖』より引用
  • 秋ともなれば、イギリスや北ヨーロッパの海岸に、海を黒く染めるほどに群れをなしてやってくるにしん。 石井美樹子『中世の食卓から』より引用
  • それを黒く染めるなど人の力では出来ぬ。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • そのうち、外国で髪を黒く染めるのもはやるといいよね。 内田春菊『私の部屋に水がある理由』より引用
  • 眉を抜くことも、歯を黒く染めることもしなかった。 夢枕獏『陰陽師龍笛(りゅうてき)ノ巻』より引用
  • 平安時代後期から江戸時代にかけ、歯を黒く染めるおはぐろという習慣があり、装飾と共に身分を表す手段として用いられていた。
  • 鉄片を茶汁や酢につけてつくった液で、歯を黒く染める風習は、古くからあった。 古川薫『桂小五郎(下)』より引用
  • お歯黒は、江戸時代には既婚女性が行なった化粧の一種で、鉄片を酒・茶・酢で酸化させた液で歯を黒く染めるもの。
  • お歯黒とは、明治時代以前の日本や中国南東部・東南アジアの風習で主として既婚女性、まれに男性などの歯を黒く染める化粧法のこと。
  • また、日本では、一在野の史家の論ではあるが、「黒歯国」は当時の朝鮮や中国などでは日本の異称として知られていたことから、倭国に派遣されて、長期滞在し、それらの王族が帰国後、倭国の文化であった歯を黒く染める風習を百済に持ち込んだために、百済の人々から「黒歯」氏とよばれ、それが定着したとする論もある。
  • 化粧は、顔に白粉を塗り、眉を除去して墨で描き、歯を黒く染めるといったもので、健康美よりはむしろ妖艶さが強調された。
  • ある日、ネコはうっかりして、皮なめし屋が皮を黒く染める染料のおけの中に、落っこちました。 イソップ/亀山龍樹訳『イソップ寓話(1)』より引用
  • たとえば、既婚婦人は歯を黒く染める風習があった。 星新一『きまぐれ暦』より引用
  • 髪の色が先天的に漆黒ではなく茶色や褐色の生徒に対しても黒く染めることを強要する場合があり、2005年には生まれつき髪が赤茶けている生徒に、教員から黒髪を繰り返し強要・黒いスプレーを髪にかけられるなど退学を迫らせたとして、学校を提訴する事件も起きている。
  • マンソンとの交際をはじめてから、地毛の金髪を黒く染めるなどメイクや服装も変わったため、コラムニスト達はウッドがマンソンの前妻ディタ・フォン・ティースに似てきていると指摘した。
  • この他、オートバイの禁止に絡んで運転免許証の取得に厳しい罰則を設けることや、赤毛の生徒に髪を黒く染めることを強要したケース、禁止された物品の校内持ち込みをチェックする上で個人のプライバシーに関わるような部分にまで踏み込んだ所持品検査なども問題視された。
  • 次へ »

黒く染める の使われ方