黒く染め

150 の用例 (0.00 秒)
  • 白い飛行服を黒く染めている無数の署名のどこにも自分の名前はない。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 徒刑場ふうに髪を切り、一週間ヒゲを伸ばしておいて一緒に黒く染めた。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • あの男の母親にしては若いような気もしたが、きっとかみを黒くめているのだろう。 赤川次郎『いつか誰かが殺される』より引用
  • そうしてその周囲には黒く染めた胡桃皮くるみかわを毛のように長くらします。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 彼女は髪を黒く染め、「自分の人生を大きく変えたいです」と述べている。
  • 佐和子さんは自分が髪を暗闇のように黒く染めていることを告白した。 花村萬月『幸荘物語』より引用
  • 有名な女優と体のサイズがまったくおなじで、その女優はいつも髪を黒く染めていた。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • 満地の日光を樫の影がくろめぬいて、あたりには人のかげもなかった。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • 彼の髪を濡らしたものは、そのまま彼のひたいを下り、左の半顔はんがんを黒く染めていた。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • どろり、とそのまま黒い染みになって、ホテルの廊下を黒く染めていく。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • ぼんやりした力なげな目、平べったい胸、時代の好みで歯を黒く染めている。 ヴェルヌ/木村庄三郎訳『80日間世界一周』より引用
  • 髪の毛を黒く染めていたことで「ブラック」という渾名がついたという。
  • もしかしたら茶色が本来の髪で、黒く染めていたものを元に戻したのかもしれない。 野村美月『文学少女シリーズ02 “文学少女”と飢え渇く幽霊』より引用
  • 灰色にしずむ時計塔にかげが差して、その姿をいっそう暗く、黒くめ変えていった。 桜庭一樹『GOSICK 第4巻』より引用
  • 洋館の背後を黒く染めている森の深さも私を怯えさせていた。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • うつ伏せに倒れた躰の後頭部から流れ出した血が草を黒く染めている。 皆川博子『水底の祭り』より引用
  • 最後にあいつを見た時、髪を黒く染めて笑っていたよ。 今野緒雪『スリピッシュ! 02 ―盤外の遊戯―』より引用
  • 来たなと思う間もなく、豪雨は沛然はいぜんとして乾いた岩を黒く染めて行く。 小川登喜男『一ノ倉沢正面の登攀』より引用
  • 白くなった髪をすっかり黒く染めたので、むしろ見た目には若くなったようだ。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • その男が答え終わると、赤い山肌を黒く染めた兵隊の群れが、大きく揺れた。 陳舜臣『秘本三国志 02 (二)』より引用
  • 次へ »

黒く染め の使われ方