黒い光沢

30 の用例 (0.00 秒)
  • 黒い光沢のある双眸と、薄い唇が、その女をいかにも挑戦的に見せていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 兄は三階の日に遠いへやで例の黒い光沢つやのある頭をまくらに着けて仰向あおむきになっていた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 色合いは黒い光沢のある物が基本で、若草色や黄色などの色物もある。
  • 全身の毛が一度に抜けおち、そして黒く光沢を持った金属質の体に変わっていく。 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』より引用
  • わたくしの髪の毛は黒い光沢つやのある毛であったのが、たった一日に白髪になってしまったのでございます。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • 大きさは1mm以下の黒い光沢のある球形で、重さは1mgにも満たない。
  • 黒く光沢のある背面と、白地の腹に入る黒い三本縞を特徴とする。
  • 皮膚もゴム状ではなく、昆虫のキチン質を連想させる黒い光沢を持った装甲に変化している。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • いや、そのはずなのに、出てくるのは液体ではなく、黒い光沢こうたくを放つ固体だった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿08 水妖日にご用心』より引用
  • 黒い光沢を放つ額には傷ひとつつかない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09b D-蒼白き堕天使2』より引用
  • 赭黒あかぐろ光沢つやのある顔をしていた。 夏目漱石『門』より引用
  • 黒く光沢のある傘から、粉のような白い雪がさらさらとこぼれ落ちるのが見えた。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • わたくしの髪の毛は黒い光沢つやのある毛であつたのが、たつた一日に白髪になつてしまつたのでございます。 森林太郎『うづしほ』より引用
  • ドミニクの背中から、黒い光沢を放ちながら何かが突き出した。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿05 黒蜘蛛島』より引用
  • 外から見た通り内側も総檜づくりの、天井の梁も柱も太い見事な一本もので、玄関の正面には誰やらの太字で書いた大きな額がかかり、玄関座敷の正面にも黒い光沢のある分厚い一枚板のつい立てが据えられ、その前に大きな青磁の壺が置かれてあった。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • ケープの襟、黒い光沢のある毛皮の立ち襟に顔を埋めるようにしてうつむいたままだ。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • 何の奇も認められない黒い光沢つやが、くしの歯を入れたあとを、行儀正しくたてに残しているだけであった。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 鴉は、黒い光沢のある羽をはばたかせ、屋敷を飛び出すと、目を集めるために町へ向かいました。 乙一『暗黒童話』より引用
  • 戸口でこう言ったのが、体長三メートル、三つ首の四足獣だとしたら、驚愕を越して噴飯ものだろうが、頭の先から尻尾まで全身を黒い光沢の鋼で覆われた装甲獣の背後には、あの制服姿が立っていた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター別巻01 D-昏い夜想曲』より引用
  • 手がさまよい、わずかにほかのより長くて、黒い光沢のある小片を選び取ると、なめらかに頭に差しこんだ。 ギブスン『ニューロマンサー』より引用
  • 次へ »