黒い

全て 形容詞
50,114 の用例 (0.02 秒)
  • わたしはなにか黒いものが見えたので、森が見えるように思うと言った。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 二人とも見ずにしまいましたが、黒い顔が天窓に現れて消えたのでした。 バーネット・フランシス・ホジソン・エリザ『小公女』より引用
  • 黒い大きい幕のようなものが、私の体の上へ垂れ下って来たんですもの。 国枝史郎『レモンの花の咲く丘へ』より引用
  • 只今お示しの布片の黒い方は死体に附いていたものと同じだと思います。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 黒い苫船の中に立っているのはいうまでもなく村の物持の家族であった。 魯迅『村芝居』より引用
  • 従って平岡と自分とで構成すべき運命の流は黒く恐ろしいものであった。 夏目漱石『それから』より引用
  • 二、三にちたつと、このみなと見慣みなれない一そうのくろふねはいってきました。 小川未明『薬売り』より引用
  • そして、私の店には、一畳敷あまりの板看板が黒い天井から下っていた。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • ぼくは、とても大きい黒い袋のなかに包まれていくような気がします。 海野十三『怪星ガン』より引用
  • かれらは自分たちのうしろに黒い影の付きまとっているのを知らなかった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 黒い影は祠の前で何事をしているのか、半七らの眼には見えなかった。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 白い土の石膏の床は彼が黒い土に帰るまでの何年かのために用意されている。 梶井基次郎『冬の日』より引用
  • 夜になると農夫の妻が立ち上がって、黒いかたまりを入れるのが見えた。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • 大臣だいじんの家のくるみの木が、きりの中から不意ふいに黒く大きくあらわれました。 宮沢賢治『虹の絵の具皿』より引用
  • そして、彼の髪もまた黒かったかどうか、とても知りたく思うのだった。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書1』より引用
  • 従つて平岡と自分とで構成すべき運命の流はくろく恐ろしいものであつた。 夏目漱石『それから』より引用
  • 三人の頭の上には、紫がかった薄黒い雲の影がいつの間にか浮かんでいた。 岡本綺堂『麻畑の一夜』より引用
  • さすがの黒い騎士も、からだに水を浴びたやうに、恐ろしく思ひました。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-14 』より引用
  • 黒い雲のまん中には悪魔の眼のような大きい星がたった一つ赤く光っていた。 岡本綺堂『小坂部姫』より引用
  • この辺の景物が低い草から高い木まで皆黒く染まっているように見える。 森鴎外『女の決闘』より引用
  • 次へ »