黄色い

全て 形容詞
8,345 の用例 (0.02 秒)
  • 着物をきた黄色い目の女の人が、かがんで僕と同じ 目の高さに座った。 奈須きのこ『歌月十夜 29 後祭』より引用
  • そして私の目はまた、日の光を受けてる黄色いかわいい花の上に向いた。 ユゴー・ヴィクトル『死刑囚最後の日』より引用
  • 黄色い国にいればいるほど、自分の顔が一層黄色くなるような気がした。 谷崎潤一郎/種村季弘編『美食倶楽部 谷崎潤一郎大正作品集』より引用
  • 窓の障子はだいぶ高くなった日の光で前よりもさらに黄色く輝いていた。 有島武郎『星座』より引用
  • もっと長く住むつもりで塗りえさせた黄色い部屋の壁がそこにあった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 子供たちは、そのために彼のひげが黄色く汚れてしまったんだと言う。 ウルフ/中村佐喜子訳『燈台へ』より引用
  • ここへ来た時は、まだ白楊ポプラの葉が、こんなに黄色くなつてませんでした。 岸田国士『落葉日記(三場)』より引用
  • 見ると、倒れているアゾの体から黄色い光がけむりのように立ちのぼっていた。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • 彼は窓のところへ飛んで行って、黄色いカーテンのすきまから空を見た。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 桶の底に黄色い植物がへばりついているのをみて、おれは片手を入れた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • 一年に二度ずつ黄色くなるてすりの外の眺めは緑に調和して画のように見えた。 島崎藤村『岩石の間』より引用
  • その中の黄色いジャングルに、またひとり新しい仲間がやってきたのだ。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • 花の上に屈み込んだ彼女の顔は、花から反射される光で黄色く輝いていた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 「その方のじゃないか」と私は彼のグラスに入っている黄色い酒を指した。 海野十三『地獄街道』より引用
  • 太陽はその石の灰色の頭を黄色く照らして、私に夏のことを思わせました。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 樹々の葉の一部は紅を帯び、なかには黄色くなり掛けているものもあった。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • 黄色い漆喰の高い壁は低い胸壁に変わり、周辺の土地がまた見えてきた。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • 何キロも離れた所から、黒い煙と、黄色い炎が認められたのだという。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 同僚は小形の黄色い表紙を宗助の前に出して、こんな妙な本だと答えた。 夏目漱石『門』より引用
  • 闇の中だから見えないが、如雲斎はよごれた黄色い皮膚の色をしていた。 山田風太郎『忍法帖6 魔界転生 上』より引用
  • 次へ »