麦踏み

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 麦踏みは実に早い時代からおこなわれていたのである。 ...
  • 平原の畑では麦踏みを見たが、ここでは藪の中で鶯がいていた。 ...
  • そしてその日から、年とつたお母さんのかはりに、前山へ麦ふみに出かけて行きました。 ...
  • それもこの会員には虚弱者や年寄りが多いので、仕事の選択には委員等が頭をひねっており、結局麦踏み程度のものとなるだろうという話。 ...
  • 麦踏みは、省力化のためにかつてより行われなくなくなってきたとされることもあるが、他方では素人でも貢献しやすい作業であるため、一般市民や子どもに農業体験の機会が提供される例も広がっている。 ...
  • また、麦踏みによって成長後の倒伏を防ぐことができ、分糵茎を多く生じて株分かれを促進するとも考えられている。 ...
  • もしかしたら、草とり、麦ふみの性能もそなえているのかもしれない。 ...
  • 関東の水田はいま掘りかえされて麦畑に変りつつありこれから麦ふみが始まるのだが、新潟のあの太陽の下で同じことができないというのが私には奇妙に見えて仕方がなかったのだ。 ...
  • 手紙には「麦ふみを終えて」とあつたけれど、野良に出ることがあるとしたら、その後ろすがたをちよつと見てやりたいものだ。 ...
  • 麦踏みは、秋播きの麦類が発芽した後に、足で踏みつける作業。 ...
  • 麦踏みは、播種から概ねひと月後に始め、霜注意報が出る地域ではそれ以前に実施することが望ましいとされる。 ...
  • 都会では自動車が人間の歩く回数を減らし、田舎では農耕機械が発達して、麦踏み、稲刈りが機械化されたため、基礎体力の養成が日常生活の中で行なわれる機会が少なくなった。 ...
  • ムギを表す漢字にこのように足の形が加えられているのは、ムギの無駄な生長を防ぎ、根の張りをよくするために春先にムギの芽を足で踏みつける「麦踏み」をおこなうからである。 ...
  • 王龍は、連日、麦踏みをしたりくわで耕作したり、背骨が痛くなるほど働いていたが、するとある日、彼のかがみこんでいるあぜの上に、女の影が落ちた。 ...
  • 俳句では、「麦踏み」は春の季語とされている。 ...
  • 奥さんはね、なにをしているのかと思ったら、まるで麦踏みでもするみたいに裸足でこいつをぷつぷつ踏み潰しながら、嬉々として歩いてたんだ、まるで七つか八つの女の子みたいに。 ...
  • 麦踏みを行う時期や回数は、気候や土質など地域ごとの諸条件や、播種の時期や量、施肥量などの方策によっても異なるが、晩秋から冬季、あるいは早春に、複数回行われることが多い。 ...