鹿毛

全て 名詞
468 の例文 (0.00 秒)
  • 背が高くて脚のひょろ長い、額に稲妻のような星がある鹿毛であった。 ...
  • ふと見ると、鹿毛はやはり遺体ではなくあらぬ場所を見ている。 ...
  • 常圧蒸留と減圧蒸留の中間の蒸留方法を試みた赤鹿毛という銘柄もある。 ...
  • 一頭はみごとな白馬、もう一頭はふつうのおとなしそうな鹿毛であった。 ...
  • そこには二頭の牝馬がいて、一方はぶちのある灰色あおで、一方のは鹿毛であった。 ...
  • そのとき、鹿毛が何かを囁くと、彼女は、母屋のほうに去っていったのだ。 ...
  • 大悟は、鹿毛がなぜはっきりと説明しないのかを、いぶかしく思っていた。
  • カーレッドは鮮明な鹿毛の馬体をしており、一切の白斑を持たなかった。 ...
  • レースを引っ張っているのほ、ゼッケン一番をつけた鹿毛の馬だった。 ...
  • 現在のところ、どういったメカニズムで鹿毛との差が生じているのか明らかになっていない。 ...
  • 小栗判官物語の鬼鹿毛など人を食べものにする馬ということになっているのですからね。 ...
  • 「この蔵に籠もったのは、事件の前夜じゃないね」 鹿毛が言った。 ...
  • がっちりした鹿毛かげの牝馬で足先と額が白く、誕生時の体重は七十キロ強。 ...
  • 鹿毛の鼻面を押さえたところを見ると、これが大牙の愛馬なのだろう。 ...
  • 広義では黒鹿毛、青鹿毛を含むが、この記事では狭義の鹿毛のみを扱う。 ...
  • 王妃の後ろに鹿毛の馬に乗った背の高い少女がいた。 ...
  • おそらくその理由の大半は鹿毛にあると思った。 ...
  • 次へ