鳴くような音

17 の例文 (0.00 秒)
  • 男の指が動くとその物体が虫の鳴くような音をたてはじめた。 ...
  • しばらく乗っていなかったせいで犬が鳴くような音がエンジンルームに響いた。 ...
  • 油が切れているのか、漕ぐたびに犬が鳴くような音がした。 ...
  • きつく閉じられた指の間から、ジジジ、と虫の鳴くような音が出た。 ...
  • 同時にカーク自身も再びあの蚊の鳴くような音を耳にした。 ...
  • 食いしばった歯の間から、きゅう、とねずみでも鳴くような音がれた。 ...
  • するとその度にキイキイと、百も千もの小さな獣が鳴くような音を立てて、塔がぐらぐらと揺れるのだった。 ...
  • 把手とつてのついた口金を締めると、チュウチュウとシジミが鳴くような音を立てた。 ...
  • 京都のある寺にあった釜は天気を当てることがあったそうで、湯をわかすときに鳴くような音をたてることがあり、その翌日はいつも雨が降ったという。 ...
  • 鶴の鳴くような音は聞こえず、だいいち鶴の鳴く声というものがどんなものなのだか家族の誰も知らないので、父も母も次の兄も困惑してヒロ子さんを眺めるだけである。 ...
  • 蚊が鳴くような音がしはじめた。 ...
  • またしても、既に聞き慣れた例の蚊の鳴くような音を耳にしたカークは、さっと位相光線フェイザー銃を抜いた。 ...
  • 「婦長、その資料をプログラムして、中和剤を分離出来るかやってみてくれ」 蚊の鳴くような音が聞こえた。 ...
  • 弾丸が五、六発、蚊の鳴くような音を立ててとんできたが、その時にはもうイリヤはギアをトップに入れ、必死でハンドルを握ってでこぼこの草原を道路に向って突進していた。 ...
  • キュッ、キュッ、と鼠の鳴くような音がした。 ...
  • ジジジと蝉の鳴くような音。 ...