鳥嶋和彦

27 の用例 (0.00 秒)
  • しかしいずれも元担当編集者の鳥嶋和彦によって段階的に批判され、最終的にセルを登場させることとなった。
  • その事情を当時の編集長の鳥嶋和彦に伝えると、「納得いくペースで締めていい」と言ってもらえたことから最後は余裕をもって書かせてもらえたという。
  • 当時ジャンプ編集者の鳥嶋和彦はライバル雑誌のコロコロコミックが裏技ブームで部数を伸ばしていたため、副編集長に同様の企画を命じられた。
  • 初代担当編集者の鳥嶋和彦によると、家は貧しかったが両親ともにのんびり屋の性格で、夕食代にも事欠く時でも代わりにと2人でワルツを踊るような人だった。
  • 当初は則巻千兵衛を主人公として毎回発明品で失敗する、という方向性のストーリーであったが、担当編集者の鳥嶋和彦の強い主張により、アラレを主人公に据えて展開された。
  • しかし敵がデブと老人という状況に初代担当編集者の鳥嶋和彦から文句を言われたため、急遽新たに17号・18号として、美形の男女の容姿をした人造人間を登場させることになった。
  • 後任に鳥山の初代担当だった鳥嶋和彦が就任する。
  • 鳥山と桂は鳥嶋和彦によって才能を見出された友人同士であり、数少ない漫画家の友人の中で最も親交の深い人物として互いに互いを挙げている。
  • 作者の鳥山は当初、20号を本当の敵にしようと考えており当初は19号と20号のみを登場させる予定だったが、すでに担当編集を外れていた鳥嶋和彦が鳥山の家に電話をかけてきて「やっと敵が出てきたとおもったらジジイとデブじゃないですか」と文句を言われ、仕方なく17号と18号をデザインした。
  • なお、編集の鳥嶋和彦はブルマと悟空を恋仲にしてラブコメ路線にすることも考えていたが鳥山に反発された。
  • 天下一武道会での再登場時、担当編集の鳥嶋和彦がすぐ悟空とのラブコメを提案しそうだったため、恋愛話が苦手な鳥山はあっさり結婚させた。
  • 当時の担当編集であった鳥嶋和彦の薦めによって桂が初めてラブコメに挑んだ作品で、様々な意味で今日の桂の評価を生み出した原点の作品とも言える。
  • 本作では、作者や担当編集者の鳥嶋和彦、アシスタントのひすゎし、松山など作者周辺の人物も頻繁に登場した。
  • 当時は苗字はなかったが、少年ジャンプの編集者だった鳥嶋和彦が「鈴木みそ」と名付ける。
  • 当初は鳥山版『西遊記』を目指しストーリーを進めようとしていたが、担当編集者の鳥嶋和彦の反応は「西遊記そのものではないか」と冷たかった。
  • 堀江信彦、鳥嶋和彦、高橋俊昌が編集長であった時代には週刊少年ジャンプの副編集長を務めている。
  • 初代担当の鳥嶋和彦に「君の主人公は地味だね」と言われた鳥山は、「悟空を一番よく表してる言葉は『強くなりたい』っていうことで、それを前面に出した」と語っている。
  • この頃、さくまの紹介で『週刊少年ジャンプ』の編集者鳥嶋和彦と知り合いゲーム仲間になり、毎晩遊びまわっていたという。
  • 当時担当であった鳥嶋和彦の「描きたい女の子を描いてこい」との要望から、男の子っぽいキャラクターの「はるの」がまず誕生する。
  • そして1980年の高校卒業間際にフレッシュジャンプ賞に投稿した作品が選外ながらも編集者・鳥嶋和彦の目に止まり、また同時期に手塚賞に応募していた「ツバサ」が佳作に入選する。
  • 次へ »