鮮やかな切り口

7 の用例 (0.00 秒)
  • 傷は左右両方から流れており、二人から襲われたか、もしくは共に鮮やかな切り口から見て、両手利きの男というのも考えられた。 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • コートの袖が鮮やかな切り口を見せている。 菊地秀行『吸血鬼ハンター01 吸血鬼ハンター“D”』より引用
  • 鋭利なナイフで粘土を切り裂いたみたいな鮮やかな切り口が、無数に刻まれているのである。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒01 インスペクター・ブラック』より引用
  • いつもながら鮮やかな切り口に感心する。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 鮮やかな切り口には肉や頚骨の断面も見えない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター03 D-妖殺行』より引用
  • その足音を、この世のものと識別し、ようやく闇の呪縛から逃れ得たかのように、改造人間の巨体は頭頂から股間まで、磨き抜いた鋼のような鮮やかな切り口を示して、縦に裂けたのであった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター14 D-妖兵街道』より引用
  • それも鮮やかな切り口とはいい難い。 平岩弓枝『御宿かわせみ 03 水郷から来た女』より引用