鮟鱇鍋

20 の例文 (0.00 秒)
  • 鮟鱇鍋あんこうなべを食べに行ったら鮟鱇が売切れていたといったような按配あんばいだった。 ...
  • 私は岡田の鮟鱇鍋を愛好するが、鍋のあとの雑炊は固目のものが好きだった。 ...
  • 「岡田の鮟鱇鍋を食べないと冬が来ない」と言ったり書いたりしてきたが、この冬はたっぷりとやってきた。 ...
  • いつも鮟鱇鍋とカツオの中落ちの季節に行くのだが、春も品数が多いのが嬉しい。 ...
  • しかし、その次からはその店では自分で鮟鱇鍋や甘鯛の刺身や鯛の白子を注文するようになった。 ...
  • 五木寛之さんに「金沢では鮟鱇鍋を食べませんか」と言ったら「太郎茶屋へ行けば出してくれますよ」ということだった。 ...
  • さすがに女中さんが「今日はお鍋はよしましょうか」と言うが、岡田は初めてという男もいるので、紹介したいという意味もあって「いや鮟鱇鍋だ」と言い張る。 ...
  • なんだかヤケクソになって、鉢巻岡田ヽヽヽヽへ行って鮟鱇鍋あんこうなべを食べた。 ...
  • 「品川の鮟鱇あんこう鍋の旨い店でやるそうです」 「そのことだがな」 練習艦の予定を話すと宗太郎はがっかりした顔になった。 ...
  • 浜家の玄関のドアのノブ、及び鮟鱇鍋に使われた平鍋及び蓋、更に、ダイニングキッチンのごみ入れに捨てられてあったポリ袋から、それぞれ明確な尾久フサの指紋が発見されました。 ...
  • あるとき、井崎は、だまって鮟鱇鍋あんこうなべを注文した。 ...
  • 一昨年、金沢のつる幸ヽヽヽへ行ったとき、主人の河田さんが「鮟鱇鍋って美味しいですか」と訊くので驚いた。 ...
  • 冬場がおいしく、とりわけ「鮟鱇鍋あんこうなべ」にすると味わいがよい。 ...
  • その鮟鱇鍋が実に美味い。 ...
  • 神田のやぶヽヽ、洋食の松栄亭ヽヽヽ、鳥のぼたんヽヽヽ、鮟鱇鍋のいせ源ヽヽヽも近い。 ...
  • またしても鉢巻岡田ヽヽヽヽで鮟鱇鍋。 ...
  • 河豚ふぐちり河豚雑炊、鴨鍋ときて鮟鱇鍋だ。 ...
  • 次へ