鮟鱇博士

3 の例文 (0.00 秒)
  • けれどもぶりではたしかにない、あの腹のふくれた様子といったら、まるで、鮟鱇あんこうているので、私は蔭じゃあ鮟鱇博士とそういいますワ。 ...
  • けれどもぶりではたしかにない、あのはらのふくれた様子やうすといつたら、宛然まるで鮟鱇あんかうるので、わたしかげじやあ鮟鱇博士あんかうはかせとさういひますワ。 ...
  • おっこちるといきおいよく三ツばかりくるくると舞った間に、鮟鱇博士は五ツばかりおまわりをして、手をのばすと、ひょいと横なぐれに風を受けて、斜めに飛んで、はるか川下の方へ憎らしく落着いた風でゆったりしてふわりと落ちると、たちまち矢のごとくに流れ出した。 ...