魚のめ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 死んだ魚の目のように虚ろな眼差しで、その様子を見ているだけである。 ...
  • 発眼卵とは魚などの卵から肉眼で卵の膜から魚の目が見える卵のことを指す。
  • 輝いていた栄次郎の眼の光が一瞬に衰えて死んだ魚の目のように空っぽになった。 ...
  • 民主的文学運動は、靴の中に一つの痛い魚の目をもって歩いている。 ...
  • この方法ほうほうで、わたしどもは虫をべるさかなの目をのがれることができます。 ...
  • それからね、私の左のひとさし指に、もしかしたら魚のめが出来るのよ。 ...
  • 魚ノ目一針も、じぶんがはりつけにした若者の右手はまだ健在であることは見ていたのだ。 ...
  • スクリーンはふたたび死魚の目のように光を失っていった。 ...
  • また天狗てんぐ様は魚の目が好きだという話もありました。 ...
  • それからまた、お社の祭りの日に、魚の目を突いて片目にしたという話も残っています。 ...
  • 彼の故郷は茨城で、子供のときには川へはいって岩に岩をぶっつけて魚の目をまわしてやったものである。 ...
  • 冬眠管理電子頭脳のパイロット・ランプはすべて死魚の目のように光を失っていた。 ...
  • 自動車を偽の魚の目治療薬のように売ろうとして売れず、広告予算の不足のせいにする。 ...
  • 魚の目のようににごったその眼に、恐怖の色がはりついていた。 ...
  • 子供の頃、魚の目を恐がったことがあったのを思い出した。 ...
  • その知らせはすでに町に拡がっているに相違ないのに、魚ノ目一針の姿はまだこの赤玉城に現われない。
  • 足裏や足の指にできた魚の目・タコを靴の圧迫痛から守る。 ...