魏晋南北朝

113 の用例 (0.00 秒)
  • 律令制は中国の魏晋南北朝時代において出現し、徐々に形成されていった。
  • 後漢代に伝来した仏教は魏晋南北朝時代の混乱の中で流行した。
  • 後漢には、荊州と呼ぶ地であり、魏晋南北朝時代には係争地になっている。
  • 南北朝時代を含む魏晋南北朝時代は、中国に仏教が広く伝播した時代であった。
  • 魏晋南北朝表は中国魏晋南北朝時代の国の興亡の様子を示したものである。
  • 魏晋南北朝時代に、次々と中国北部を中心に国家を建てた。
  • 貴族制研究は日本の中国史学界の魏晋南北朝研究において最も多くの研究が集まっている分野であり、全時代を通しても最も多い分野の一つである。
  • この建安文学の流れが、魏の時代のみならず、魏晋南北朝時代全体にわたって続いていく。
  • 魏晋南北朝時代から隋唐にかけての貴族の時代、金氏の郡望はや京兆尹であった。
  • ここに400年に及ぶ魏晋南北朝時代が終結し、大陸は隋に支配されることになった。
  • 魏晋南北朝時代には県域は安固県、綏安県、宕渠県が設置されている。
  • 魏晋南北朝時代には、官吏の採用に九品官人法が採用された。
  • この隋の再統一までの分裂の時代を魏晋南北朝時代という。
  • 魏晋南北朝時代以降は紙の普及により次第に淘汰される。
  • 魏晋南北朝時代より吏部と称され、隋唐五代十国では尚書省のもとで六部の首位に置かれた。
  • これらの民族は、魏晋南北朝時代の五胡と違い、中国文化を唯一絶対なものとせず、独自文化を保持し続けた。
  • 下って魏晋南北朝より唐代頃になると、その帳簿を管理する、人間界同様の組織の存在が想定されるようになる。
  • どちらの論にしても川勝の基本的姿勢は、この魏晋南北朝時代に中世封建的なものを見出そうとするものである。
  • 魏晋南北朝時代には吐谷渾の管轄地とされたが、576年には北周により廓州が設置されている。
  • この『泰始律令』は魏晋南北朝時代を通じて基本的に受け継がれていった。
  • 次へ »

魏晋南北朝 の使われ方