魅せる

全て 動詞
113 の用例 (0.00 秒)
  • ルールを把握はあくしていれば、もうすこし計算したせ方ができただろうに。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集08 悩んでられない八方塞がり?』より引用
  • 魅せられたように強い関心をそそられた彼女の顔は生き生きとしてきた。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • もしかすると、自分はこの石階段に魅せられてしまったのかもしれない。 橋本紡『彩乃ちゃんのお告げ』より引用
  • 彼が空軍に入ったのは少年時代、アクロバット飛行に魅せられたからだ。 池上永一『レキオス』より引用
  • 人間の想像力の残酷さに魅せられて、おれはしびれたようになっていた。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用
  • だが、その魔性とも言える魅力を目にした男たちは皆、魅せられてゆく。
  • この体に魅せられない男はいないはずだということでもあったろう。 山口瞳『人殺し(上)』より引用
  • 僕を人に戻してくれた立役者であるところの羽川翼が、猫に魅せられた。 西尾維新『憑物語』より引用
  • 不思議なことにああいう高級な女性はつまらん男に魅せられるものですな。 セイヤーズ/井上一夫訳『毒』より引用
  • すっかり年若い先生に魅せられた少年たちのうちに一人の半馬鹿の子供がいた。 アンダスン/山屋三郎訳『ワインズバーグ・オハイオ』より引用
  • それは億劫というよりもなにか《・・・》に魅せられている気持である。 梶井基次郎『檸檬』より引用
  • 源左老人を始め皆彼の熱力のある舌に魅せられて黙ってしまった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • ぼくは、鐘の下に書いてあった文句にせられてしまったのだと思います。 ルイス/瀬田貞二訳『(ナルニア国物語6) 魔術師のおい』より引用
  • われわれ三人は魅せられたようにこの不思議な光景をみつめつづけた。 ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』より引用
  • エイブは、自分がもう真珠色の海に魅せられていないことに気がついた。 チャペック/樹下節訳『山椒魚戦争』より引用
  • それは、人間が不死の地を見てそれに魅せられることを恐れたからだった。
  • わたしは中根揮一郎の机の引き出しにあったその記事に魅せられていた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 決して映画人になりたいと云った種類の魅せられ方ではなかった。 阿久悠『続・瀬戸内少年野球団紅顔期』より引用
  • 男は魅せられたようにレインの笑顔を眺め、渡されるままに受け取った。 吉野匠『レイン2 招かれざる帰還』より引用
  • 彼はついに、その連続した悲鳴がとだえたときの手ごたえに魅せられた。 陳舜臣『秘本三国志 06 (六)』より引用
  • 次へ »