鬱陶しか

全て 形容詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 自分に懐かない娘のことを、今では彼も鬱陶うつとうしく感じているようだった。 ...
  • それを聞かれていた頃、要子はその言葉がいちばん鬱陶うつとうしく感じられた。 ...
  • とにかく彼の方は、そんなものを見るのは鬱陶うつとうしさのかぎりなのだが。 ...
  • だが、自分を子供扱いする心配性の母をちょっと鬱陶しく感じるお年頃。 ...
  • 何か城をあけ渡すことを迫られているような、そんな鬱陶うつとうしさがあった。 ...
  • おつると話をしている内に胸の中の鬱陶うつとうしいものが消えて行くような気がした。 ...
  • しかしそれはやはり投げやりで、鬱陶うっとうしがっている風の返答でもあった。
  • そんなふうに言われることは、井崎にとっては鬱陶うつとうしいだけのことである。 ...
  • いつもは嬉しいサービスだと思っていたが、こんな時は逆に鬱陶うつとうしい。 ...
  • 死ぬというほどのことではないが、非常に鬱陶しい目に遭いそうな気がする。 ...
  • 戦うことだけがプレイ動機のシノンにとってはただ鬱陶うっとうしいだけだ。 ...
  • 鬱陶うつとうしいとしか言いようがない連中だが、魔物の動きを知る指標にはなる。
  • 外は相変わらず、もやとも霧ともつかない鬱陶しい空気にとり囲まれていた。 ...
  • ちょっと鬱陶うっとうしくないかな、と思ったら由乃さん満更まんざらでもない顔していた。 ...
  • 自分と話すことを鬱陶うっとうしいと思う人間も減っていくかもしれない。 ...
  • 見るたびに鬱陶うっとうしくて、お金だけ残して早く死んでくれないかと思ったこともあった。 ...
  • いやむしろ鬱陶うっとうしがっているように思えてならないんだよ。 ...