鬱陶しい雨

5 の用例 (0.00 秒)
  • ちょうど四年まえ、五月の末の鬱陶しい雨の朝だった。 小栗虫太郎『方子と末起』より引用
  • その日は鬱陶しい雨が降っていた。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(下)』より引用
  • 其処に立つて居る一簇の老松の梢には夕方になれば鴉が四方から聚つて鬱陶しい雨に打たれながら騒ぐ。 長塚節『隣室の客』より引用
  • さて、問題の六月十二日は、前日から引き続いて鬱陶うつとうしい雨が降りつづいていましたが、万来軒へやってきた狭山耕作氏は、いつものテーブルに腰をおろすと、新聞を読みながら、しかし心のうちでは、湯浅謙介の現われるのを待っているので、しじゅう向こうに見える学校横町へ眼をやっていました。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • びしょびしょと、鬱陶うっとうしい雨が降っている。 橘外男『雷嫌いの話』より引用