鬱陶しい天気

6 の用例 (0.00 秒)
  • 使いの者がそういい、かつ呼ばれたのが自分一人であることをきくと、鬱陶うつとうしい天気にもかかわらず、丈馬の顔はぱっとかがやいた。 山田風太郎『忍法陽炎抄』より引用
  • 梅雨つゆも半ばを過ぎて、毎日鬱陶うっとうしい天気が続いていた。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常③』より引用
  • こんな鬱陶しい天気で、八時間も眠ったくせに躰が目を覚まさなくて、なにを無茶なんかできるものか。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 当日は幸いに、五月にめずらしい曇った鬱陶うっとうしい天気であった。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 感傷にひたる趣味はないが、高梨と沙希子が知り合ったのも高校一年の春、三日ほど家に帰っていないせいか、鬱陶しい天気のせいか、妙なところで沙希子の顔が思い出される。 樋口有介『苦い雨』より引用
  • 夜からの雨が降り続き、あくる日は終日鬱陶うっとうしい天気だった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常③』より引用