髪を茶色に染め

21 の用例 (0.00 秒)
  • 少し目にかかるぐらいの髪を茶色に染めた、すげえかっこいい男の人だ。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用
  • もうじき十七歳になる佐穂は、髪を茶色に染め、軽く化粧をしている。 林真理子『初夜』より引用
  • 看護婦のくせにかみを茶色にめていて、勤務中きんむちゅうでもわりとしっかり化粧けしょうをしている。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第04巻』より引用
  • が、髪を茶色に染めたり、パーマをかけるような子はいなかった。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 逆に、髪を茶色に染めて、自慢げに煙草を吸っている連中もいた。 喜多嶋隆『ビーチサンダルで告白した』より引用
  • ドアを開けたのは、髪を茶色に染めた若者だった。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • はじめ、彼女はこれを隠すために髪を茶色に染めていた。
  • 学校にかよっているのかいないのか、髪を茶色に染めてだらしない服を着た男の子たちが、笑いながら渡っているところだった。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • 秋にもかかわらず褐色に日焼けし、髪を茶色に染めたその男は、二十歳前後の年格好だった。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 髪を茶色に染め、化粧が濃い女が多いのだ。 林真理子『初夜』より引用
  • やや長めの髪を茶色に染め、黒いシャツを着ていた。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • どちらも髪を茶色に染めていた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 髪を茶色に染めたノースリーブのワンピースの少女が、若い男とからみ合うようにして通り過ぎるところであった。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 中学合格時の偏差値が六五以上のランクに属するミサトちゃんは、髪を茶色に染めてはいないし、ハデな服も着ていない。 黒沼克史『援助交際』より引用
  • 店を変わりたいとか、店とのトラブルの相談にも乗るので何度も出入りする女たちはいるが、ほとんどの場合、髪を茶色に染めてウェストを絞った薄汚れたスーツのスカウトに釣り上げられた世間知らずの女たちだった。 ヒキタクニオ『ベリィ・タルト』より引用
  • 髪を茶色に染めた中年の女だった。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 店子の誰かが止め、誰かが叫び、騒ぎを鎮めるというよりは盛り上げているところへ、髪を茶色に染めた若い男が現れて、どうかしたんですか、と言った。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • 髪を茶色に染めた今風の若い女だ。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 髪を茶色に染めた男だ。 神崎京介『密室事情』より引用
  • 髪を茶色に染めたチャラい感じの。 野村美月『文学少女シリーズ13 “文学少女”と恋する挿話集3』より引用