髪を染め

156 の用例 (0.00 秒)
  • だが、髪を染めている女を、やみくもに殺しているわけでもない。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 乗っているのはみんな二十歳くらいの若い男女で、一様に同じ赤茶色に髪を染めている。 角田光代『空中庭園』より引用
  • いくら髪を染めたところで、帽子をとれば空識覚器官フローシュはごまかしようがない。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • 髪を染めなければならない状況だったのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 03 異郷への帰還』より引用
  • なぜ髪を染めないのかと聞くと、女はこう答えた。
  • かみを染めた時のことはおぼえているかい? モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • ちなみに髪を染めている子はほとんどいない。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第01巻』より引用
  • 前にキカハから、ツェナクワ族は黒い髪を染めていると聞かされていたからだ。 P・J・ファーマー『階層宇宙の創造者』より引用
  • 髪を染めたり不登校になったり、その程度で我慢している美亜を、誰が責められるか。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • メンバーはそれぞれ異なった色で髪を染めており、のちにそれがイメージカラーとして衣裳の色にも現れるようになる。
  • 髪を染めているが、化粧しない肌はきれいだった。 結城昌治『修羅の匂い』より引用
  • ジャンパーを着て髪を染めたバンドマンふうの若者は、へっぴり腰で後退る。 南里征典『自由ケ丘密会夫人』より引用
  • はじめに髪を真白に色抜きし、つづいてサフランとあかねの染料で髪を染めた。 荒俣宏『帝都物語5』より引用
  • 本人もそのことを気にしており、髪を染めた時は「大人っぽく見られたいから」と語っていた。
  • 髪を染めた別の学生が鼻で笑った。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • だが、結婚してギリシャ人になったかもしれないし、過酸化水素で髪を染めたかもしれない。 アイリッシュ/砧一郎訳『暁の死線』より引用
  • 髪を染めたり、立てたり、安全ピンなどの金属をアクセサリーにする。 鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』より引用
  • 髪を染めた時のことおぼえているかい? モンゴメリ/神山妙子訳『赤毛のアン』より引用
  • 永倉は、かみを染め、化粧けしょうをした女の顔をじっと見つめた。 赤川次郎『さびしがり屋の死体』より引用
  • きっとここで髪を染めていたんだ。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 次へ »

髪を染め の使われ方