髪を染める

26 の用例 (0.00 秒)
  • イギリスではむしろ、鋲などの装飾をつけ、髪を染めることが多かった。
  • お袋が髪を染めるようになったのは、二台目の鏡台が入ったころからだった。 樋口有介『八月の舟』より引用
  • かみを染める価値があると思ったら、わたしならせめて見やすい色にするよ。 モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • そうすると、小原の野郎はいきなり美容室へ飛んで行って、髪を染める。 久生十蘭『復活祭』より引用
  • 髪を染めるのは四年ぶりかしらん。 林真理子『美女入門 PART3』より引用
  • 髪を染めるのを楽しみにしている女だって、あそこのヘアまで染めたくないだろうからね。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 髪を染めるのは禁止されている。
  • だから、変装しようと思えば、きっと髪を染めるにちがいない。 クイーン/石川年訳『アメリカロデオ射殺事件』より引用
  • 髪を染めるのが普通らしいのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 02 ささやかな戦い』より引用
  • 髪を染めることもしなかった。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 彼女はますますアイ・シャドウを濃く塗り、ますます異様な色に髪を染めるだろう。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • ジャック・グリーソンやソフィー・ターナーなどの俳優は頻繁に髪を染める。
  • 髪を染めるのは久しぶりだったが、ヘルメス党の基地にある染料は、どうやら改良されていなかった。 荻原規子『西の善き魔女外伝3 真昼の星迷走』より引用
  • 皮膚と髪を染める染料と色つきのコンタクトレンズを用いることでベンソンは世界最高の変装の達人となった。
  • またおもちゃにも使用されており、つや消しのインクや、バービーの髪を染める際に使用される。
  • 規則は、髪を染めることは厳禁で、ミニスカートやジーンズも資本主義的であるとして禁止されており、風紀紊乱の規則で結婚も禁止されている。
  • 五十過ぎの、いかにも落ち着いた雰囲気の小柄な女で、髪を染めるのを嫌っているらしく、頭には白髪を蓄えている。 海原育人『ドラゴンキラーあります』より引用
  • 参事院議員は、マルネフ夫人と余生を終えるつもりだが、そんなふうにいわれるとその愛情と同じようにその神聖な友情を信じる気になり、このひそかな忠告にしたがって頬ひげと髪を染めることをやめてしまった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(上)』より引用
  • 就任から間もなく、ヒゲや長髪や髪を染める、裾がだぶついたユニフォームなどの服装を禁止すると通達したり、選手に社会常識をもっと身につけるよう叱咤するといったようにそれまでの妥協なき厳格な指導方針を変えることはなかった。
  • その当時、髪を染めると、世間では口がうるさく、名づけ親が髪を染めたとき、家でもそのうわさをあれこれとしていたのを、フィリップは憶えていた。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(上)』より引用
  • 次へ »