髪を染め

156 の用例 (0.00 秒)
  • 十八のくせに髪を染めたりしてたけど、仕事だから仕方がなかったんだ。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 真の隣にもむらさきに髪をめた婦人が座り、女性雑誌をひざの上に広げている。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 姉が髪を染めた時、私もそんな感じにしようかしらと何気なく口にした。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • 茶色っぽい髪をしていたので、髪を染めているものと思われたのである。 田中芳樹『創竜伝 第01巻』より引用
  • ほかの男ならば、たぶん彼女が髪を染めているのに気がつかなかったろう。 クリスティ/深町眞理子訳『クリスティの六個の脳髄』より引用
  • 髪を染めている人の場合は、髪の色に合わせて眉毛を染めることもある。
  • 若い女性はみな、いちように髪を染めたり、パーマをかけたりしていた。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • お手伝いさんも、奥さんが、髪を染めていたのを見たことはないと主張した。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 髪を染めているので、言われなければ、警察官とはわからないだろう。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • 犯人は、髪を染めた女に対して、異常な憎悪を持っているとみていいだろう。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • お袋は自分が髪を染めていることを、姉貴にさえも秘密にしていた。 樋口有介『八月の舟』より引用
  • われはかつて髪を染めしことあれど、その色は消え失せて、時の色残るのみ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • その人たちの中に髪を染めている人はいませんか? 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 当初彼は髪を染めていたが、のちにかつらを使うことになった。
  • 増えてきた白髪を隠すために髪を染めているのも明らかだった。 エディングス『エレニア記2 水晶の秘術』より引用
  • 赤く髪を染めた女の人がいた部屋から先には、溝に鉄柵がしてあって進めなくなっていた。 乙一『ZOO』より引用
  • 最近の悩みは髪を染めたのはいいが、目に見えて一本一本が細く薄くなったこと。 有沢まみず『いぬかみっ!06』より引用
  • 一番目の部屋にいた髪を染めた女の人は、閉じ込められた状態で今日、六日目を迎えたそうだ。 乙一『ZOO』より引用
  • 髪を染めた女の人に、姉の考えたことを説明した。 乙一『ZOO』より引用
  • 前には髪を染めてしまったし、今度は鼻ってわけね。 モンゴメリ/神山妙子訳『アンの青春』より引用
  • 次へ »

髪を染め の使われ方