高鳴り

全て 動詞
235 の用例 (0.00 秒)
  • 目の前にいるのがあの時のか弱げな少年の気がして、胸が高鳴りかける。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 自分でも理由が判然としないが、なぜだか勝手に胸が高鳴り始めたのだ。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • 心臓は激しく高鳴り、なにひとつ考えを集中させることができなかった。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • わたしの胸の鼓動は、こうしていても聞こえるくらい高鳴っているのに。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • 息苦しいほどに心臓が高鳴り、立っていられないほど激しく足が震えた。 大石圭『飼育する男』より引用
  • 門の影の下に立っているだけで、滝子は心臓が苦しいほど高鳴ってきた。 夏樹静子『風の扉』より引用
  • ぼんやりとした頭がはっきりしていくにつれて心臓が高鳴り始めた。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 実際は一瞬だったかもしれないが、高鳴る鼓動は幾度となく感じていた。 白瀬修『おと×まほ 第04巻』より引用
  • 私は朝起きた時から、自分の心臓が高鳴っていることを自覚していました。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 興奮というほどではないが、馨の胸の中にはかすかに高鳴るものがあった。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 自分がこの領域を切り拓いていく、そんな興奮が利明の胸を高鳴らせた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • いつもより早く学校から帰って来た孝二は、机の上を見て心臓が高鳴った。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • はじめて女性の体を体験するという、その期待で胸が高鳴っているのだろう。 梶山季之『現代悪女伝・欲望の罠』より引用
  • 連続した胸の鼓動は勝手に加速して、どうしようもなく心を高鳴らせた。 白瀬修『おと×まほ 第03巻』より引用
  • 後に残った花の香りを味わいながら、信人は胸が高鳴るのを感じていた。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • 彼女の心臓はぼくの心臓と同じように高鳴っていたのだろうか? ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 男は妻のとめるのを振りきり、その胸の高鳴る世界へと消えてしまう。 星新一『きまぐれ博物誌・続』より引用
  • 私はこの言葉を繰り返し読んでいるうちに、胸の高鳴るのを知った。 泡坂妻夫『亜愛一郎の逃亡 (亜愛一郎シリーズ3)』より引用
  • 一瞬胸が高鳴ったが、その期待は次に続いた言葉でもろくも崩れ去った。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • だが俺の心は ひとつのことを知りたがって鼓動を高鳴らせている。 シェイクスピア/大山俊一訳『マクベス』より引用
  • 次へ »