高沢皓司

10 の例文 (0.01 秒)
  • 高沢皓司もよど号グループからそのように聞かされていた。 ...
  • 高沢皓司は、よど号グループの男やその妻たちからの取材で、この2人がスペインを舞台に日本人拉致作戦を開始したのは1980年4月頃だったとしている。 ...
  • 高沢皓司は、石岡と松木はウィーンに誘い出されたのち、モスクワ経由で平壌に連れて行かれたとしている。 ...
  • ジャーナリストの高沢皓司も、平壌に連れて来られた直後に松木は騙されていたことに気づいてよど号グループともめたという話を聞いている。 ...
  • 高沢皓司は、1998年の著書において、 などから、1977年以前に強制収容所に送られて死亡したとする見方を述べている。 ...
  • ジャーナリストの高沢皓司は、松木と石岡はウィーンに誘い出されたのち、モスクワ経由で平壌に連れて行かれたとしている。 ...
  • 高沢皓司は1995年に北朝鮮へ訪問した際、よど号グループの田宮高麿から、日本国内に「愛族同盟」と称する政治団体を結成し、日本の民族派系組織も取り込もうとする構想を聞かされたという。 ...
  • 後年知人でジャーナリストである高沢皓司から日本人拉致問題について追及を受けている。 ...
  • 「自己批判書」は、高沢皓司の編集により1984年に新泉社から『銃撃戦と粛清』の題名で出版された。 ...