高槻城主

40 の用例 (0.00 秒)
  • また江戸時代には、高槻城主・永井氏や皇室などの崇敬を受けている。
  • 高山右近も高槻城主に復せられたのみならず、前の二倍の領地を与えられた。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 和田惟政はのちに信長によって摂津高槻たかつき城主になった人物である。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 村重は既に信長から摂津一円の支配権を得ていたため、この事件は問題にされることもなく、高山父子は晴れて高槻城主となることができた。
  • これを好機と見た高山親子は元亀4年4月に惟長を追放し、高槻城主となった。
  • 間もなく、玉子は村重配下の高槻城主高山右近が織田側についたことを知った。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • かれは幕臣であると同時に織田家の版図の摂津高槻たかつき城主になったが、一昨年、戦死した。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • その後永井氏は13代にわたって高槻城主となり幕末に至る。
  • この功績を認めた信長によって、右近は再び高槻城主としての地位を安堵された上に、2万石から4万石に加増される異例の措置を受けた。
  • 当時は反信長の陣営にいたが、村重は漸次信長方に傾き、高山ダリヨを後援して高槻城主たらしめた頃には、はっきりと、信長の手についた。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 歩哨の武士は異様な姿の武将が高槻城主高山右近であると知り、すぐさま上司である佐久間信盛の陣所に右近を連れていった。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 本行寺の建っている地は高槻城の鬼門に当たる位置にあるため寺院が多く、近くには、光松寺、理安寺といった寺があり、少し離れたところには高槻城主だった永井家を祀る永井神社を境内社にしている野見神社が建っている。
  • この付近はかつてキリシタン大名として有名な高槻城主・高山右近の領地であった影響で、当時キリスト教信者となった領民が多く、キリスト教禁制後も隠れキリシタンとなり、山奥のこの地で信仰を密かに守りつづけた人々がいた。
  • 友照は50歳を過ぎると高槻城主の地位を右近に譲り、自らはキリシタンとしての生き方を実践するようになった。
  • 元和5年に高槻城主となった松平家信が先婦人の菩提を弔って、理安寺を再興させた。
  • 一五七三年の春、和田惟長を追い払って高槻城主となった高山ダリヨは、もう五十歳を越えて居り古い戦傷が時々痛みもするので、城の支配をジュスト右近に委せて、自分はキリスト教のことに専心し始めた。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • その結果、惟長は高槻城を出て伊賀に帰り、高山ダリヨは高槻城主として留まることになった。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 右近とその父は、もと高槻城主和田惟政これまさの臣であった。 三浦綾子『細川ガラシャ夫人』より引用
  • その後高槻城は息子の和田惟長が継いだが、これを好機と見た高山友照・重友父子は元亀4年4月、惟長を追放し自らが高槻城主となった。
  • 高山右近が高槻城主となったとき、右近はキリスト教を信仰していたため、高槻城内にあった当社の社殿を破壊し社領を没収した。
  • 次へ »

高槻城主 の使われ方