高さ十五メートル

17 の例文 (0.00 秒)
  • ようやく、高さ十五メートルくらいの岩棚の上に到着する。 ...
  • トンザンの村の中央には、高さ十五メートルほどのやぐらがあった。 ...
  • 高さ十五メートル程度の四角い鉄塔でA・Tはすべてここに収められている。 ...
  • 壁の続きを発掘するために、高さ十五メートルに及ぶ大量の瓦礫が取り除かれた。 ...
  • 広間の奥の壁は幅三十メートル、高さ十五メートルほどで、全体が管制盤だった。 ...
  • 沖縄のコザの町の琉米親善センターという建物のそばには、高さ十五メートルほどの岩があった。 ...
  • なにしろ、二基とも高さ十五メートル、直径三メートル以上もある。 ...
  • どこからともなく溢れる淡い光の中に、高さ十五メートル、幅十メートルほどの空間が左右に果てしなくのびている。 ...
  • この外城壁でさえも、外側からの高さとなると十メートル、幅三メートルもあり、これにも四十メートル間隔で、内城壁を押さえる塔と比べれば小型にしても高さ十五メートル、幅も六メートルはありそうな塔が並んでいる。 ...
  • 少年たちが一夜を明かした場所から二百メートルほどの先に、高さ十五メートルの砂丘さきゅうがあった。 ...
  • 今回は、直径九メートル高さ十五メートルの鉄骨ドームで、富士山頂を形成する岩頭よりはるかに高く突出しているから、かなり根がしっかりしていないと吹きとばされるおそれがあった。 ...
  • ましてや、その頂上に高さ十五メートルのレーダー観測塔が出来たら、二階の窓から、少くとも、レーダー観測塔の最上部のレーダードームが見えない筈はないと思った。 ...
  • 「この断崖は、高さ十五メートル以上あるようには思えなかったし、この洞穴へはいってからわれわれは、ずっとすこしずつでものぼっていたのだからね」 「前のほうに明かりが見えてきたわ」と、ラ・ジャがいった。 ...
  • 高さ十五メートルくらいの巨大な灯籠とうろうで、『ようこそお伊勢さんへ』なんていう独創性どくそうせいのカケラもない言葉ことばが書いてあったりする。 ...
  • ひろい駐車場のなかほどに、高さ十五メートルになんなんとする肉桂につけいの巨木がたちはだかり、黒塗りの貯蔵庫がいらかをならべていた。 ...
  • そこで、高さ十五メートルにもおよぶ土砂を運びだし、三十メートルばかり前進すると、ちょうど丘の西南のあたりで、その城壁の頂に通じてゆく、広い堂々たる斜路に出くわしたのである。 ...