高さ五十メートル

17 の例文 (0.00 秒)
  • ここの大きな塔は高さ五十メートルもあってごく遠くから見える。 ...
  • ダンバー家は高さ五十メートルの尖塔をもつセントポール教会の近くにあった。 ...
  • 平原の南縁は高さ五十メートルほどの岩壁になって、それが東から西へ見わたすかぎりつづいている。 ...
  • 直径五メートル、高さ五十メートル、打ち上げ時重量七百トンの巨体きょたい ...
  • 足場の幅わずか六十センチ、左右は高さ五十メートルの断崖だんがい絶壁。 ...
  • 三段壁は、千畳敷の近くで、高さ五十メートルの切り立った絶壁で、有名である。 ...
  • 高さ五十メートルほどの、赤土の、まんじゅう型の森の高地は、意外に早く防備を固めていた。 ...
  • アヤ・ソフィア寺院は、東ローマ帝国初期の皇帝が、世界最大の教会として建てた、高さ五十メートルの円蓋えんがいを持つ大寺院である。 ...
  • 神殿脇の天神木と名付けられた巨杉は、高さ五十メートル。 ...
  • ビール園のテラスに出ると、胎内川のまんなかで、高さ五十メートルに達するという巨大きよだい噴水ふんすいき上がっていた。 ...
  • 十分走っただけで、もう〈北方大陸〉に面する高さ五十メートルの断崖は、驚くほど遠ざかって見えた。 ...
  • 高さ五十メートルばかりの、赤土のこぶ山が、半月の間に、半永久陣地と化した。 ...
  • 長さ二百メートル、高さ五十メートルが見通しだ。 ...
  • 冬宮前広場には、ナポレオン戦争における勝利を記念する高さ五十メートルのアレクサンドル一世の塔が立っており、この近くの海軍省からモスクワ駅までは、有名なネフスキー通りが一直線である。 ...
  • 高さ五十メートルにおよぶホリゾントをもった大ホールは、ことに長い荒廃をひめ、むなしく風音をこだまさせていた。 ...
  • 海中から突き出た四本の鋼管支柱に支えられたデッキ・コラムは、一辺が六十メートルはありそうな正方形をした鋼鉄製の構造物で、コラムの北の端には生産処理施設、掘削施設、研究施設などを収めたモジュールが載せられ、中央に高さ五十メートルはありそうな巨大なデリック、つまり鋼鉄製の櫓が立てられている。 ...