高さまで持ちあげ

17 の例文 (0.00 秒)
  • それを手のひらにのせ、ゆっくりと、ふたりの男の高さまで持ちあげた。 ...
  • 彼女は腕を顔の高さまで持ちあげた。 ...
  • と思うと、いきなりパスパルトゥーの腰のあたりに鼻を巻きつけて、頭の高さまで持ちあげた。 ...
  • だが、女将は、ニッコリ笑って、犬神を目の高さまで持ちあげた。
  • こんどは休憩もせずに、かれはもう一度死体に手をかけ、胸の高さまで持ちあげてから、前へ押しやった。 ...
  • 手のひらを目の高さまで持ちあげた。 ...
  • それで、彼女はまるでお祈りをする時のように、合掌した手を首の高さまで持ちあげたままの姿勢になってしまった。 ...
  • 老人は腕時計を目の高さまで持ちあげ、長針の角度を確認してからこっくりとうなずいた。 ...
  • ふたりの士官はあいている二本の柱にゆったり尾を巻きつけ、首をよく見える高さまで持ちあげて、それぞれひとつかふたつの目を競技台の上へ向けた。 ...
  • 目の高さまで持ちあげ、リディアは彼をにらみつけた。
  • くわっと上にさけた口が、ダラッと下に落ちたように見えたが、床屋が色のない紙のような顔でヒクヒクのどぼとけを動かしているのをひょいとつかむと、自分の目の高さまで持ちあげた。 ...
  • そして、格子を梃子てこにして、肉をリランの目の高さまで持ちあげてから、すうっと肉をリランの足もとまでふりおろした。 ...
  • 浅井杳子は床屋のねじりん棒みたいな恰好かつこうをしたグラスのへりを、でまわし、やがて、それを目の高さまで持ちあげた。 ...
  • まず蝋燭をあたしの顔の高さまで持ちあげ、横目で憎らしそうにじろりと見て、むっと下唇を突き出し、ぷいと顔をそむけるの。 ...
  • たとえば、サンフランシスコから、グレイト・ロサンジェルスへ物を運ぶにも、その物体を空中のある高さまで持ちあげておき、これにわずかな力を働かせば、物体はちょうど氷上スケートのように、まったく動力なしでするすると滑走してくるという具合なのだ。 ...
  • 「そうか、お前もいまや給料とりだからなあ」 「ああ、たいしたことはないけれどね」 「まあそうだろうな」 ぼくたちはコップ酒にしてもらい、なみなみとつがれた燗酒かんざけをお互いの目の高さまで持ちあげ、だまってうなずいた。 ...