騒ぞうしい

全て 形容詞
5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は母親がしていたように、騒ぞうしいイタリア語で呼び声をあげながら、鶏たちに囲まれるようにして中へ消えた。 山本道子『ベティさんの庭』より引用
  • 父はこの地を研究にはもってこいの土地だ、騒ぞうしいエディンバラなんかへ帰ってゆくのは、考えただけでもぞっとするといっている。 ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 クルンバの悲劇』より引用
  • 橋の上には数多たくさんの人が往来ゆききをしており、短い橋の左の橋詰はしづめの活動写真館からは騒ぞうしい物音が聞え、また右の橋詰の三階になった牛肉屋からも客の声が騒がしく聞えていたが、秀夫の心には何の交渉もなかった。 田中貢太郎『牡蠣船』より引用
  • 武器が七・六五ミリ口径のブローニングであるとしたら、やかましい、ひどくそうぞうしい四発の銃声がする。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • 治療はまず騒ぞうしい祈祷からはじまった。 久生十蘭『新西遊記』より引用