駈け廻る

41 の例文 (0.00 秒)
  • だって、戦場を駈け廻ることだけが人間のためではないでしょう?
  • いつもなら得意先を駈け廻っているか、出先で昼めしを食べている時刻だ。 ...
  • 脇田は缶ビールを買うのに、駅の構内を駈け廻らなければならなかった。 ...
  • 犬だけは元気よく、玄関と洋子達との間を、行ったり来たり駈け廻っている。 ...
  • それに入鹿は輿に乗るより、馬に乗って山野を駈け廻る方が性に合っていた。 ...
  • おれの女房が今ごろ何でこんなところを駈け廻っていたのか。 ...
  • そんなら、うちの中をうろうろしてるひまに、外をあつちこつち駈け廻るさ。 ...
  • それから方々を駈け廻って心あたりを探しあるいたんですが、どこにも一人も来ていない。 ...
  • 私はジット室の中に閉ぢこもつて、この屋根の上を駈け廻る物音を聞いた。 ...
  • 小さい子達は花の中を駈け廻って、笑ったり、花輪を造ったりしているの。 ...
  • 彼を注視していた褐いろの西班牙犬が、嬉しげに彼の周囲を駈け廻った。 ...
  • 初めのうちは珍しそうに見ていた子供たちも、すぐに飽きて境内を駈け廻っている。 ...
  • 彼らはこの地には来たことがありませんので、見るとだれも彼もが駈け廻っているのに、びっくりしました。 ...
  • 趙は驚いて家の中を駈け廻ったが、母親の影も愛卿の影も、その他にも人の影という影は見えなかった。 ...
  • それを知ると、緋紗江も感応し、新しく聞く美音が、全身を駈け廻った。 ...
  • 何人もが悲鳴をあげながら、まわっているようだ。 ...
  • 島のなぎさをはだしでけ廻っていた頃の自分ではない。 ...
  • 次へ