駈ける馬

4 の用例 (0.00 秒)
  • 女たちは悲鳴をあげながら、駈ける馬と一緒に駈け出した。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 「ほう、ほう」と、高らかな掛け声と湿原をのんのん駈ける馬たちの蹄の音が、原野に響き渡る。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • などと叫びながら、一同にしつかりと手どり脚どりされて、駈ける馬に乗つたよりも速やかに突風を衝いて、私の眼の先をかすめ去つた。 牧野信一『鬼の門』より引用
  • 彼女は、再び自分に還る生活を感じ、勇しくび駈ける馬に立ちりでもしているように、しっかり、窓に向って両脚で突っ立って、遠い遠い山巓さんてんを眺めていると、車体の揺れと自然との交感が音波のように錯綜して、伸子の全身に音楽的リズムがこみ上げて来た。 宮本百合子『伸子』より引用