駈けるやう

4 の用例 (0.00 秒)
  • 私たちは斯う話しながら鐵道のガードの下を停車場の方へ歩いて來ると、向うから駈けるやうにしてやつて來るおせいに會つた。 葛西善蔵『不良児』より引用
  • そして駈けるやうに暗いぬかるみの路を急いだが、やつぱし最初に見たペンキ塗りの家の方へ出て来た。 葛西善蔵『浮浪』より引用
  • 千鳥がつひそこを駈けるやうに歩いてゐる。 高村光太郎『智恵子抄』より引用
  • きまりのやうに一二囘は屹度交通巡査の合圖を躊躇した後、思ひ切つて不自由な脚してよちよちと駈けるやうに線路を越して、初めてほつと息を吐く。 葛西善蔵『蠢く者』より引用