駈けること

5 の用例 (0.00 秒)
  • 自分の身は非常に軽くて、ほとんど鳥の飛ぶやうに駈けることが出来る。 森鴎外『大塩平八郎』より引用
  • まっすぐ駅へいくだけなら、なにも駈けることはないのだが、その前にぜひ寄らねばならないところがある。 三浦哲郎『真夜中のサーカス』より引用
  • 紫式部は徹頭徹尾、物語作家なのであって、物語宇宙の中でのみ、現実の和泉式部と同じように不覊奔放ふきほんぽうに感情の手綱たづなをとき放って天駈あまかけることができるのである。 田辺聖子『源氏紙風船』より引用
  • 雰囲気を乱してはいけない典雅な場では、どんなに急ぐときでもゆっくりした歩行を守らねばならないだろうし、逆に、緊急時とか、いつ非常事態が発生するか知れない緊迫した状況下では、つねに全速で駈けることを命じられる可能性もある。 眉村卓『不定期エスパー1』より引用
  • 平静はノソノソとした動作なのが、ふだん乃木希典の馬について駈けることが多く、健脚を誇っている自分が、そのあとを追うほどだ。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用