駆け廻る

33 の例文 (0.00 秒)
  • 戦場を縦横無尽に駆け廻った老武士にその方の知識があるわけはない。
  • 岸は大門があてにならなくなり、職を求めて毎日駆けまわるようになった。 ...
  • すなわち山を終日駆け廻ってその実をあつめるだけの値打ちは充分にある。 ...
  • そして驚いて家の中を駆け廻っている所に僕が帰って来た。
  • その紙のつぶてを投げてやると、猫はあちこちへ転がし駆け廻って遊ぶ。 ...
  • 山の調査に駆けまわっていた七掬脛らが戻って来たのはとりの上刻だった。 ...
  • それで自転車を買って一日中学校を駆け廻って勉強した。 ...
  • この辺は若年の時、滝川一益かずます麾下きかとしてまわった土地なのである。 ...
  • 彼らには五人の幼い子供がいて、彼らはパンツ一枚で終日庭を駆け廻っていた。 ...
  • その思いがまるで火のように加十の頭の中を駆け廻る。 ...
  • 僕は皆と一緒に手当次第のものを持って、あちこち駆け廻った。 ...
  • そして部屋中を駆け廻って、何でもその辺にある物を手当り次第につかみました。 ...
  • 陽子は、何といってやってよいのかわからぬ思いで、駆け廻る小馬を眺めていた。 ...
  • あてもなく駆け廻る百姓の群から声がした。
  • あれから飛行機で駆け廻って北海道から九州まで氷沼家の資料蒐めに夢中だったの。 ...
  • その頃、丹波猪喰は情報蒐集しゆうしゆうのため、大和やまとのあちこちを駆けまわっていた。 ...
  • 自分も両親のもとで、無邪気に城の中を駆け廻っていた。 ...
  • 次へ