駆け寄る

全て 動詞
849 の用例 (0.00 秒)
  • 私たちが窓に駆け寄った時には、もうそいつの姿は見えなくなっていた。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 必死に顔を上げると、数人の男が一方から駆け寄ってくるところだった。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • カウンターの手前に立って客と談笑していた女主人のところに駆け寄る。 長嶋有『パラレル』より引用
  • 石化した俺のそばに駆け寄って来た際に、ディーはこの男を目にしている。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • 大石たちが慌てた顔をして何人か駆け寄ってきて、私を起こしてくれた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 嬉しさのあまり駆け寄って行くと、彼は首を上げて困ったように笑った。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • 瞬間しゅんかん、花が開くように少年の顔が笑顔えがおになって御者ぎょしゃ台にけ寄ってくる。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • 人間の姿に戻った霧香がけ寄り、倒れそうになっている大樹を支えた。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 彼は私を宙に抱いたまま、草の上に倒れている死体の方に駆け寄りました。 モーパッサン/新庄嘉章『ある女の告白』より引用
  • 道路を制服の警官が駆け寄ってきて、前方で話をしているのも見えた。 森博嗣『G 04 εに誓って (講談社ノベルス)txt形式』より引用
  • あたしは走り、和歌子ちゃんの手を引いている光可てるかさんの側に駆け寄る。 小野不由美『悪霊シリーズ 6 悪霊とよばないで』より引用
  • 男の人は俺たちのところにってくると、かたいきをしながら言う。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第02巻』より引用
  • あわてて駆け寄ると、彼女はドライヤーを高く上げて取られまいとした。 今野緒雪『マリア様がみてる 11 パラソルをさして』より引用
  • おれの膝から立ち上がった女の子が、仲間の所にけ寄ろうとしたからだ。 喬林知『今日からマ王 第08巻 「天にマのつく雪が舞う!」』より引用
  • だが、それよりも早く、黒い影がひとつ、魔獣のもとに駆け寄っていた。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • 先に待ち合わせ場所に来ていた春香が、きそうな顔でってきた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第02巻』より引用
  • 騒ぎを聞きつけて目を覚ましてきた当直の男達があわててけ寄ってきた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • 同じクラスの、林浅香はやしあさかさんが手を振って寧子さまに駆け寄ってきたのだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 19 イン ライブラリー』より引用
  • 顔を向けると、更衣室の方から小さな人影が駆け寄ってくるのが見えた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』より引用
  • 大地へ崩れた身体に駆け寄り、ミアは自らの意識が遠くなるのを感じた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10a D-双影の騎士1』より引用
  • 次へ »