駆ければ駆ける

5 の用例 (0.00 秒)
  • 速く駆ければ駆ける程嬉しさがこみあげて来るので正吉は出来るだけ早く駆た。 牧野信一『やぶ入の前夜』より引用
  • リュウジが中盤の攻撃的ポジションを駆ければ駆けるほど、平義は自分が理想とするサッカーを手放すことになるのだ。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 駆ければ駆けるほうへ、と、お米の顔が。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • ければ駆けるほど、和穂と恵潤の距離は開いていった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録06 憎みきれない好敵手』より引用
  • ゼーロンの脚さばきは跛であったから駆ければ駆ける程乱雑な野蛮な音響を巻き起し、口腔をだらしもなく虚空こくうに向けて歯をむき出し、二つの鼻腔から吐き出す太い二本の煙の棒で澄明な陽光ひかりを粉砕した。 牧野信一『ゼーロン』より引用