駆ける音

10 の用例 (0.00 秒)
  • 夜明け前の町は電車のける音もなくて、加速しているのはあたしだけだった。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • 廊下を駆ける音がして、続いて玄関が開く音がした。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • このとき、武器の鳴る音と、馬の駆ける音が部屋に響いた。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用
  • 廊下を誰かが駆ける音がした。 東野圭吾『予知夢』より引用
  • 昼頃ひるごろだろうか、馬がける音を聞いた。 時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』より引用
  • と思うまもなく、果して足音はふたたび堅い道のうえを硬いくつで駆ける音になってますます近く、ますます明らかに聞こえてきた。 ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 クルンバの悲劇』より引用
  • ケンタウルスの駆ける音、巨人が闇雲に追う音が、だんだん微かになってきた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • パカランパカランと、馬が駆ける音がしていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編03 名誉を越えた闘い』より引用
  • 廊下をドタドタ駆ける音がした。 赤川次郎『消えた男の日記』より引用
  • ぱたぱたと廊下を駆ける音が遠ざかっていく。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用