駆ける者

8 の用例 (0.00 秒)
  • ホテルの中の客が寝静まっているので、無作法に廊下を駆ける者はない筈だ。 松本清張『球形の荒野 新装版(下)』より引用
  • その火事場を望む坂の上の寺を目指し、やみの中をける者がいた。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版① 異界から落ち来る者あり 上』より引用
  • 空の高みを駆けるグナーに由来して、高く駆ける者がグネーヴァルと呼ばれるという。
  • 我ら無間なる者の戸口に立つ者や、は無間の槍衾をける者か? 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス10 コンプレックス・デイズ』より引用
  • 先頭を駆ける者の背中だ。 冴木忍『カイルロッドの苦難 9 思い出はいつまでも』より引用
  • 当初はテンマーズと名乗っていたが、後にチーム雷門と改名したチームに所属し、天馬たちと共に時空を駆ける者、及びその協力者たち。
  • 追いて駆ける者、我がきばたる一対の武具よ、東方の軍神を追いて打ちのめせ! 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • 幸運と富を司り、狡知に富み詐術に長けた計略の神、早足で駆ける者、牧畜、盗人、賭博、商人、交易、交通、道路、市場、競技、体育などの神であるとともに、雄弁と音楽の神であり、竪琴、笛、数、アルファベット、天文学、度量衡などを発明し、火の起こし方を発見した知恵者とされた。