駆ける獣

7 の用例 (0.00 秒)
  • その裾をひるがえして進む姿は、野を駆けるけもののような美しさを体現している。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • 宙を駆ける獣の足元には、虚海を越えた夜と同じように夜景が広がっている。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • あきらめてしまえば、思い出したように四肢を動かして宙を駆ける獣の背は心地よかった。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • 人間がまだ国家や社会や文明を形成する前に、更には説話や民話、神話を語るより遥か前に、人間が空を飛ぶ鳥や大地を駆ける獣の鳴き声等を真似する事はあったと考えられる。
  • 威厳あるおんみの前には空飛ぶ鳥も、山駆ける獣も、に身を隠す蛇も、海を泳ぐ魚も、怖れおののく。 アプレイウス/呉茂一・国原吉之助訳『黄金のロバ』より引用
  • 髑髏はセイバーの全力疾走には及ばないものの、地を駆ける獣の如き速度で後退する。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 森を駆ける獣、特に鹿を愛する。