駆けるよう

96 の用例 (0.00 秒)
  • そしてまた黒い草の上を夢の中を駆けるような速さで通りすぎた。 ムーア『暗黒神のくちづけ―処女戦士ジレル』より引用
  • そして空中を駆けるようにしながら廊下へ出、次の部屋に向かった。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • 約束が成立すると、天井裏を駆けるような小さな足音が遠ざかっていった。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第11巻 花嫁修業は薔薇迷宮で』より引用
  • するとここで光秀隊は急に先駆に立ち、半ば駆けるようにして京へ向った。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • 先ほど新聞をひろったのとは別の道を、駆けるように歩いていった。 ステーマン作/松村喜雄訳『マネキン人形殺害事件』より引用
  • 子供がその大人たちの前後をちょこちょこ駆けるように歩いている。 伊藤整『太平洋戦争日記(三)』より引用
  • 文子は籠の卵に気を配りながらも駆けるようにして胡桃の木の陰に身を隠した。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 架山が言うと、秘書の青年はくるまの方へ半ば駆けるように去って行った。 井上靖『星と祭上』より引用
  • 二人は最後の二、三歩を駆けるようにして、石室の入口へ行きついた。 カー/平井圭一訳『黒死荘殺人事件』より引用
  • 停車場をほとんど駆けるようにして飛び出し、家への道を急いだ。 セイヤーズ/河野一郎訳『疑惑・アリババの呪文』より引用
  • ぼくは、アルトナ街道の美しい並木の下を駆けるように行く叔父の姿を想像した。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 荻原は、エレベーターの到着には目もくれず、非常階段を駆けるように降りていく。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • 太陽と月が同時に天空を駆けるような寧温ねいおんの人生についに二つの星の軌道が交差した。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 吾一は駆けるようにして、玄関へ飛んで行った。 山本有三『路傍の石』より引用
  • 一足先に、さして長くもない廊下を、およしが駆けるようにして進んでゆくのが見えた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 半ば駆けるように歩調が速まり、疲れてはいないのに鼓動と呼吸が速まる。 田中芳樹『風よ、万里を翔けよ』より引用
  • 私は駆けるようにして家に帰った。 豊島与志雄『生と死との記録』より引用
  • 佐久田にわずかに遅れて、本館の前の敷石の道を西へ向かって半ば駆けるように歩いた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • ショットは、そう言うと駆けるようにして、外に出ていった。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 01 アの国の恋』より引用
  • と言って、教科書を引っつかみ、教室から、駆けるように出て行った。 赤川次郎『シングル』より引用
  • 次へ »

駆けるよう の使われ方