駆けることができる

15 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らが精神の力だけで、宇宙空間を自由に駆けることができるのも知っている。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • 仔どもたちが少し駆けることができるようになるまで、父狼は待った。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • どんなにスピードを出しても、彼はリディアを落とさずにけることができる。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第15巻 運命の赤い糸を信じますか?』より引用
  • 海も陸も同様に平気で駆けることができ、乗り手の無事を守る魔法の馬であった。
  • ある者は一日に千里を駆けることができた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • この顔見せの後で、仔狼は自由に駆けることができる。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • 夜のなかでも駆けることができる。 宮部みゆき『ICO 霧の城』より引用
  • 腕っぷしも強く、大岩をかついで十里を半時に駆けることができる。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • その際にグナーは、空も海も駆けることができるホーヴヴァルプニルという馬にまたがる。
  • ホーヴヴァルプニルは、空も海も自在に駆けることができる。
  • とはいえ、アンは鹿しかのようにけることができたので、おどろくべき効果をあげて、戸口のところで少年たちに追いつき、先生が帽子掛けに帽子を掛けているすきに、少年たちにまじって校舎へすべりこむことができた。 モンゴメリ/中村佐喜子訳『赤毛のアン』より引用
  • それで、特に天馬その他を使って宙を駆けることができるものをかき集めて百二十騎の精鋭部隊を作り、これで維竜を急襲することになった。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • シャドウはソニックと同様に音速で駆けることができるが、最高速度では実際には走っておらず、ホバーシューズから放出される空気で地面との接触を避け、アイススケートのように滑走している。
  • ルーはアンヴァルという名の海陸かまわず駆けることができる馬を持っていたが、その甲冑武器と同様、海神マナナーンから預かり受けたものだった。
  • この術は呪力をこめた護符を足にくくりつけることにより、人並みはずれた速度で走る事が可能となるというもので、両足に1枚ずつ護符を貼れば1日で500里、2枚ずつ貼れば800里を駆けることができる。